トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問30
問30

CSMA/CD方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

衝突発生時の再送動作によって,衝突の頻度が増すとスループットが下がる。

送信要求の発生したステーションは,共通伝送路の搬送波を検出してからデータを送信するので,データ送出後の衝突は発生しない。

ハブによって複数のステーションが分岐接続されている構成では,衝突の検出ができないので,この方式は使用できない。

フレームとしては任意長のビットが直列に送出されるので,フレーム長がオクテットの整数倍である必要はない。

解説

衝突発生時の再送動作によって,衝突の頻度が増すとスループットが下がる。

正解です。CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access with Collison Detection)方式とは,イーサネットで用いる通信プロトコルです。ネットワークのケーブルの状態を調べて,使用されていない状態になると通信を始めます。通信の衝突が起きた場合は,時間をおいてデータの再送をします。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。