トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問38
問38

手順に示すハッシュ関数とメッセージダイジェストの処理を行うことで得られるセキュリティ上の効果はどれか。ここで,メッセージダイジェストは安全な方法で保護され,改ざんや破壊がされていないものとする。

 

〔手順〕

(1)送信者Aは,電子メールの本文からハッシュ関数を用いて,メッセージダイジェストを作成する。電子メールの本文とメッセージダイジェストを別々に受信者Bに送信する。

(2)受信者Bは受信した電子メールの本文からハッシュ関数を用いて,メッセージダイジェストを作成する。その作成したメッセージダイジェストと,受信したメッセージダイジェストを比較する。

○正解
×不正解

電子メールの改ざんの有無の確認

電子メールの誤送信の防止

電子メールの送達確認

電子メールの盗聴の防止

解説

電子メールの改ざんの有無の確認

メッセージダイジェストとは、与えられた原文をハッシュ関数を使って変換したハッシュ値のことです。ハッシュ値から原文を再現することや、別の文から同じハッシュ値を作成することが極めて難しいためメッセージの改ざんを発見するのに役立ちます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。