トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問46
問46

ソフトウェアの再利用の説明のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

再利用可能な部品の開発は,同一規模の通常のソフトウェアを開発する場合よりも工数がかかる。

同一機能のソフトウェアを開発するとき,一つの大きい部品を再利用するよりも,複数の小さい部品を再利用する方が,開発工数の削減効果は大きい。

部品の再利用を促進させるための表彰制度などによるインセンティブの効果は,初期においては低いが,時間の経過とともに高くなる。

部品を再利用したときに削減できる工数の比率は,部品の大きさに反比例する。

解説

再利用可能な部品の開発は,同一規模の通常のソフトウェアを開発する場合よりも工数がかかる。

正解です。

 

同一機能のソフトウェアを開発するとき,一つの大きい部品を再利用するよりも,複数の小さい部品を再利用する方が,開発工数の削減効果は大きい。

大きい部品を再利用する方が、開発工数の削減効果は大きくなります。

 

部品の再利用を促進させるための表彰制度などによるインセンティブの効果は,初期においては低いが,時間の経過とともに高くなる。

初期においては高いが、時間の経過とともに低くなります。

 

部品を再利用したときに削減できる工数の比率は,部品の大きさに反比例する。

部品の大きさに比例します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。