トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問52
問52

図のアローダイアグラムから読み取れることのうち,適切なものはどれか。ここで,プロジェクトの開始日は0日目とする。

 

○正解
×不正解

作業Cを最も早く開始できるのは5日目である。

作業Dはクリティカルパス上の作業である。

作業Eの余裕日数は30日である。

作業Fを最も遅く開始できるのは10日目である。

解説

ダミー作業は,作業日数は無いが矢印の元の作業が終了しないと矢印の先の作業は始められません。

 

クリティカルパスとは,作業日数に余分が無い経路の中で,最も長い経路のことをいいます。

作業Cを最も早く開始できるのは5日目である。

作業Bの後にダミー作業がありますので,作業Cを最も早く開始できるのは10日目です。


作業Dはクリティカルパス上の作業である。

クリティカルパスはB→C→G→Hですので,Dはクリティカルパス上の作業ではありません。

 

作業Eの余裕日数は30日である。

作業Eの完了までにかかる日数は20日です。一方、クリティカルパス上の作業B→C→Gは50日かかりますので,作業Eの余裕日数は50-20=30日となります。

 

作業Fを最も遅く開始できるのは10日目である。

作業Fを最も早く開始できるのが10日目です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。