トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問6
問6

アルゴリズムの処理時間や問題の計算時間を比較するときに使用するオーダ記法の説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

アルゴリズムが解に到達するまでの計算量の下限値を表す。

アルゴリズムがこれより遅くならないという計算量の上限値を表す。

アルゴリズムの解析では,主要項の部分を除いて比較する。

アルゴリズムを実現した場合の変数領域の大きさを表す。

解説

アルゴリズムがこれより遅くならないという計算量の上限値を表す。

オーダ記法とは,O(*)の形で計算量を表します。*には処理に1番時間がかかるときの計算量の式が入ります。例:O(n),O(n2)

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。