トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問60
問60

営業債権管理業務に関する内部統制のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

売掛金回収条件の設定は,営業部門ではなく,審査部門が行っている。

売掛金の消込み入力と承認処理は,販売を担当した営業部門が行っている。

顧客ごとの与信限度の決定は,審査部門ではなく,営業部門の責任者が行っている。

値引き・割戻し処理は,取引先に実態を熟知している営業部門の担当者が行っている。

解説

売掛金回収条件の設定は,営業部門ではなく,審査部門が行っている。

内部統制とは業務の効率的・有効的な運用のための規則を指します。売掛金回収条件の設定や顧客ごとの与信限度の決定は、営業部門と独立した部門が行うのが良いでしょう。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。