トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問73
問73

製造業のA社では,NC工作機械を用いて,四つの仕事a~dを行っている。各仕事間の段取り時間は表のとおりである。合計の段取り時間が最小になるように仕事を行った場合の合計段取り時間は何時間か。ここで,仕事はどの順序で行ってもよく,a~dを一度ずつ行うものとし,FROMからTOへの段取り時間で検討する。

 

○正解
×不正解

4

5

6

7

解説

4

仕事ごとに段取り時間が最小になるケースを抽出します(下表の楕円印)。これらを組み合わせることができれば、それが理想です。a ⇒ cを起点に考えていくと、b ⇒ a ⇒ c ⇒ d の順で上手くいきます。合計段取り時間は4です。最小の組合せですから、これ以上小さい値はありえません。

 

各仕事の最小段取り時間の組み合わせができない場合は面倒になりそうですが、この問題のケースではその心配はありませんでした。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。