トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問74
問74

EC(Electronic Commerce)におけるB to Cに該当するものはどれか。

○正解
×不正解

CALS

Web-EDI

バーチャルカンパニー

バーチャルモール

解説

・B to C(Business to Consumer)

企業(business)と一般消費者(consumer)との電子商取引の形態の一つです。他にB to B、C to Cという形態が存在します。

 

CALS

B to Bに該当します。

高速商取引の事です。ネットワーク・データベースを活用して、調達・設計・生産・運用・保守までの製品のライフサイクル全般に関する情報を一元管理して、企業間での情報共有をするシステムです。

 

Web-EDI

B to Bに該当します。

EDIをインターネットで行う形態の事です。企業間で、商品の受発注や見積もり、決済などの商取引をデジタル化してネットワークを利用したやり取りをします。

 

バーチャルカンパニー

該当するものはありません。

実在する企業(ビジネス・パートナー:支援企業)の支援の下、企業運営や電子商取引を体験する、国際ビジネスのシミュレーションプログラムの事です。

 

バーチャルモール

B to C と C to C に該当します。

複数の企業や個人が運営する電子商店(オンラインショップ)が集まったWebサイトのことです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。