トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問75
問75

親和図の特徴はどれか。

○正解
×不正解

原因と結果を対比させた図式表現であり,不良原因の追及に用いられる。

錯綜した問題点や,まとまっていない意見,アイディアなどを整理し,まとめるために用いられる。

二つ以上の変数の相互関係を表すのに役立つ。

分布の形,目標値からのばらつき状態などから,製品の品質の状態が規格値に対して満足いくものかなどを判断するために用いられる。

解説

親和図法とは、まとまっていない情報を言葉の意味の親和性でグループ化する手法です。

従って、錯綜した問題点や,まとまっていない意見,アイディアなどを整理し,まとめるために用いられる。が正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。