トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問77
問77

販売価格が12万円の製品を製造するのに,表のような案Aと案Bがある。販売数量によって,どちらの案が有利かが決まる。案Aと案Bにおいて,有利さが逆転する月間販売数量は何個か。

 

○正解
×不正解

500

600

700

800

解説

500

利益と限界利益,固定費の関係は

利益=限界利益-固定費

です。

 

月間販売数量をN個とすると、

案Aの利益=5(万円)×N(個)-1,000(万円)

案Bの利益=7(万円)×N(個)-2,000(万円)

 

有利さが逆転する時、案Aの利益=案Bの利益なので

5(万円)×N(個)-1,000(万円)7(万円)×N(個)-2,000(万円)

これを解くと

N=500(個)

 

従って、有利さが逆転する月間販売数量は500個です。


無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。