トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問78
問78

ユーザから請負うソフトウェア開発を下請業者に委託する場合,下請代金支払遅延等防止法で禁止されている行為はどれか。

○正解
×不正解

交通費などの経費については金額を明記せず,実費負担とする旨を発注書面に記載する。

下請業者に委託する業務内容は決まっているが,ユーザとの契約代金が未定なので,下請代金の取決めはユーザとの契約決定後とする。

発注書面を交付する代わりに,下請業者の承諾を得て,必要な事項を記載した電子メールで発注を行う。

ユーザの事情で下請予定の業務内容の一部が未定なので,その部分及び下請代金は別途取り決める。

解説

下請業者に委託する業務内容は決まっているが,ユーザとの契約代金が未定なので,下請代金の取決めはユーザとの契約決定後とする。

下請代金支払遅延等防止法は、下請事業者に対する親事業者の優越的地位の濫用を規制する法律です。親事業者の一方的な都合で納入品を返品したり下請代金を発注後に減額したりすることを禁じています。

 

最終改正日は平成17年7月です。


無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。