トップ過去問一覧応用情報技術者 平成24年・秋 > 問9
問9

命令を並列実行するためのアーキテクチャであって,複数の命令を同時に実行するとき,命令を実行する演算器をハードウェアによって動的に割り当てる方式はどれか。

○正解
×不正解

SMP

VLIW

スーパスカラ

スーパパイプライン

解説

SMP

SMP(Symmetric MultiProcessing)とは,物理メモリが共有で各CPUに均一に処理が振り分けられる並列化手法のことです。

 

VLIW

VLIW(Very Long Instruction Word)とは,プロセッサで実行する演算や分岐などの命令を複数組み合わせた命令を1命令として実行する手法のことです。

 

スーパスカラ

スーパスカラとは,1つの命令を分割して実行することで,CPUを構成している異なる機能ののユニットを同時に動かして処理する並列化手法のことです。

 

スーパパイプライン

スーパパイプラインとは,1つの命令の分割数を増やすことで,高速化を行う手法のことです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。