トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問19
問19

主記憶の管理方式とマルチプログラミングでのプログラム多重度の組合せで,スラッシングが発生しやすいのはどれか。

○正解
×不正解

解説

 

 

仮想記憶方式とは,主記憶以外の補助記憶装置上にも仮想的なメモリ領域を確保し,主記憶以上のメモリ量が使用できる方式のことです。主記憶と補助記憶装置の間でデータのやり取りが発生する分,処理速度が低下します。

 

プログラムの多重度とは,一度に実行されているプログラム数の度合いです。

 

スラッシングとは,仮想メモリと実メモリ間でデータのやり取りが頻繁に発生することで処理速度が低下する現象のことで,主記憶が足りない場合に大量のメモリを消費するプログラムを実行した場合に発生します。

よって,仮想記憶方式で,プログラムの多重度が大きいほどスラッシングが発生しやすくなります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。