トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問21
問21

次の仕様のバックアップシステムにおいて,金曜日に変更されたデータの増分バックアップを取得した直後に磁気ディスクが故障した。修理が完了した後,データを復元するのに必要となる時間は何秒か。ここで,増分バックアップは直前に行ったバックアップとの差分だけをバックアップする方式であり,金曜日に変更されたデータの増分バックアップを取得した磁気テープは取り付けられた状態であって,リストア時には磁気テープを1本ごとに取り替える必要がある。また,次の仕様に示された以外の時間は無視する。

○正解
×不正解

1,250

1,450

1,750

1,850

解説

1,850

 

データを復元するためには,フルバックアップデータをリストアした後に,差分バックアップデータをリストアする処理が必要になります。

 

フルバックアップデータをリストアする時間は,テープの取替え時間+フルバックアップデータのリストア時間となるため,

100+100×10=1,100秒かかります。

次に,月~金曜日までの差分バックアップのリストアを行うために,テープの取替え時間+差分バックアップデータのリストア処理が5回生じ,

(100+5×10)×5=750秒かかります。

以上を足したものがデータを復元するのに必要な時間となるため,

1,100+750=1,850秒

となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。