トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問26
問26

UMLを用いて表した図のデータモデルに対する多重度の説明のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

社員が複数のプロジェクトに参画する場合は,全て同じ役割分担となる。

社員は,同じプロジェクトに異なる役割分担で参画することができる。

社員は,一つ以上のプロジェクトに参画している。

社員は,複数の部門に所属することができる。

解説

UMLのデータモデルにおいてx...*というのは「x以上」ということを表しています。.

 

社員が複数のプロジェクトに参画する場合は,全て同じ役割分担となる。

社員とプロジェクト内役割分担の間に存在するプロジェクト参画の多重度が多対多になっているため,同じ役割分担とは限りません。

 

社員は,同じプロジェクトに異なる役割分担で参画することができる。

正解です。

 

社員は,一つ以上のプロジェクトに参画している。

多重度が0以上のため,参画していない社員も存在します。

 

社員は,複数の部門に所属することができる。

部門の多重度は1のため,複数の部門に所属することはできません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。