トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問3
問3

アナログ音声をPCM符号化したとき,1秒当たりのデータ量は64,000ビットであった。量子化ビット数を8ビットとするとき,サンプリング間隔は何マイクロ秒か。

○正解
×不正解

0.125

8

125

512

解説

125

 

PCM符号化とは,音声などのアナログ(連続的な)波形信号をデジタル(離散的な)変換する処理のことです。

一定間隔でアナログ波形の振幅をサンプリングして変換を行います。

1秒間でサンプリングする回数をサンプリング周波数,サンプリングした波形振幅値を2^量子化ビット数の範囲で表します。

 

サンプリング周波数(Hz)=1秒当たりのデータ量(ビット)÷量子化ビット数(ビット)

の関係が成り立つため,

64,000(ビット)÷8(ビット)=8,000(Hz)

となり,1秒間に8,000回サンプリングしていることがわかります。

 

サンプリング間隔は一定なので,1秒を8,000で割ればサンプリング間隔が算出できます。

1,000,000(マイクロ秒)÷8,000(Hz)=125(マイクロ秒)

となり,サンプリング間隔は125マイクロ秒になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。