トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問32
問32

本社と工場との間を専用線で接続してデータを伝送するシステムがある。このシステムでは2,000バイト/件の伝票データを2件ずつまとめ,それに400バイトのヘッダ情報を付加して送っている。伝票データは,1時間に平均100,000件発生している。回線速度を1Mビット/秒としたとき,回線利用率はおよそ何%か。

○正解
×不正解

6.1

44

49

53

解説

49

 

1回に送信するデータは,2件分の伝票データと400バイトのヘッダ情報なので,

2,000×2+400=4,400バイト/回

になります。

伝票データは1時間に平均100,000件発生しているため,1時間の平均送信回数は

100,000÷2=50,000回

になります。

回線速度は1Mビット/秒なので,1時間毎の送信可能バイト数に変換すると,

1,000,000×60×60÷8=450,000,000バイト/時

になります。

 

回線利用率は,送信データ量÷回線速度で求められるので,

4,400×50,000÷450,000,000≒0.49

となり,49%であることがわかります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。