トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問37
問37

手順に示す処理を実施したとき,メッセージの改ざんの検知の他に,受信者Bがセキュリティ上できることはどれか。

 

〔手順〕

送信者Aの処理

(1)メッセージから,ハッシュ関数を使ってダイジェストを生成する。

(2)秘密に保持していた自分の署名生成鍵を用いて,(1)で生成したダイジェストからメッセージ署名を生成する。

(3)メッセージと,(2)で生成したデータを受信者Bに送信する。

 

送信者Bの処理

(4)受信したメッセージから,ハッシュ関数を使ってダイジェストを生成する。

(5)受信したデータ,(4)で生成したダイジェスト及び送信者Aの署名検証鍵を用いて,署名を検証する。

○正解
×不正解

メッセージが送信者Aからのものであることの確認

メッセージの改ざん部位の特定

メッセージ盗聴の検知

メッセージの漏えいの防止

解説

メッセージが送信者Aからのものであることの確認

 

問題文で説明されているものは,ディジタル署名の手順です。

ディジタル署名では,メッセージの改ざん検知のほかに,本人から送信されたものであることの確認ができます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。