トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問68
問68

企業経営で用いられるコアコンピタンスを説明したものはどれか。

○正解
×不正解

企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し,経営の効率向上を図ることである。

競争優位の源泉となる,他社よりも優越した自社独自のスキルや技術である。

業務プロセスを根本的に考え直し,抜本的にデザインし直すことによって,企業のコスト,品質,サービス,スピードなどを劇的に改善することである。

最強の競合相手又は先進企業と比較して,製品,サービス,オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。

解説

×企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し,経営の効率向上を図ることである。

ERP(Enterprise Resource Planning:企業資源計画)の説明です。

 

○競争優位の源泉となる,他社よりも優越した自社独自のスキルや技術である。

正解です。

 

×業務プロセスを根本的に考え直し,抜本的にデザインし直すことによって,企業のコスト,品質,サービス,スピードなどを劇的に改善することである。

リエンジニアリング(Re-engineering)の説明です。

 

×最強の競合相手又は先進企業と比較して,製品,サービス,オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。

ベンチマーキング(Benchmarking)の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。