トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問79
問79

請負契約を締結していても,労働者派遣とみなされる受託者の行為はどれか。

○正解
×不正解

休暇取得のルールを発注者側の指示に従って取り決める。

業務の遂行に関する指導や評価を自ら実施する。

勤務に関する規律や職場秩序の保持を実施する。

発注者の業務上の要請を受託者側の責任者が窓口となって受け付ける。

解説

休暇取得のルールを発注者側の指示に従って取り決める。

「労働者派遣」とは,労働者派遣業法第2条第1号*1で定められる,「自己の雇用する労働者を,当該雇用関係の下に,かつ,他人の指揮命令を受けて,当該他人のために労働に従事させることをいい,当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないもの」のことをいいます。

そのため,解答アでは労働者派遣法上で労働者派遣とみなされる行為,「他人の指揮命令を受けて」に該当するため,労働者派遣とみなされます。

 

「請負契約」とは,民法632条*2で定められる,「請負は,当事者の一方がある仕事を完成することを約し,相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって,その効力を生ずる。」ことをいいます。

 

*1 最終改正日は,平成24年08月01日です。

*2 最終改正日は,平成23年06月24日です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。