トップ過去問一覧基本情報技術者 平成25年・春 > 問8
問8

xとyを自然数とするとき,流れ図で表される手続を実行した結果として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

解説

 

 

流れ図中の条件分岐で,Noに分岐をしている回数だけqの値が増加し,そのたびにrの値がyだけ減っています。

条件分岐でYesに分岐をした際のxは,q×y+rで表すことができ,x÷y=qと余りrに相当します。

ここから,qはx÷yの商,rはx÷yの余りであることが読み取れます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。