トップ過去問一覧ITパスポート 平成25年・春 > 問45
問45

事業継続計画(BCP)における情報システムに関するファシリティマネジメントの施策のうち,大地震によってデータセンタが長期間停止することを想定した施策はどれか。

○正解
×不正解

サーバを高層階に配置し,津波などの浸水からサーバを保護する。

データセンタ内のサーバにUPSを接続する。

データセンタ内の電源や回線などの各種設備を二重化する。

データの同期を定期的に行うバックアップセンタを遠隔地に配置する。

解説

事業継続計画(Business Continuity Plan)とは,災害発生時などの不測の事態においても事業を継続するための計画のことです。

ファシリティマネジメントとは,不動産や設備の状態を最適な状態で運営するための手法です。最適な状態とは,コストやリスクを最小にして効果を最大にする状態のことです。

 

サーバを高層階に配置し,津波などの浸水からサーバを保護する。

津波に対する対策です。

 

データセンタ内のサーバにUPSを接続する。

停電に対する対策です。

 

データセンタ内の電源や回線などの各種設備を二重化する。

データセンタが停止しないための対策です。

 

データの同期を定期的に行うバックアップセンタを遠隔地に配置する。

正解です。データセンタが長期間停止しても,バックアップセンタを用いて事業を継続することができます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。