トップ過去問一覧ITパスポート 平成25年・春 > 問64
問64

ウイルス対策ソフトの適切な運用方法はどれか。

○正解
×不正解

ウイルス対策ソフトはハードディスクのウイルス検査を行うときに起動し,検査終了後は速やかに停止させる。

常駐検査(ファイルの読み書きを行うたびに,そのファイルにウイルスなどが混入していないか調べること)の機能をもつウイルス対策ソフトを使用する場合は,導入時にハードディスク全体の検査を行っておけば,その後は常駐検査だけでよい。

導入後もウイルス定義ファイルの更新を継続して行う。

プロバイダ側でウイルスチェックが行われている場合は,PCへのウイルス対策ソフトの導入は不要である。

解説

ウイルス対策ソフトはハードディスクのウイルス検査を行うときに起動し,検査終了後は速やかに停止させる。

PC稼働中は常にウイルス対策ソフトを起動させて,監視を行うべきです。

 

常駐検査(ファイルの読み書きを行うたびに,そのファイルにウイルスなどが混入していないか調べること)の機能をもつウイルス対策ソフトを使用する場合は,導入時にハードディスク全体の検査を行っておけば,その後は常駐検査だけでよい。

未知の攻撃手段を持ったウイルスの出現等を考慮すると,日頃からできる限りの対策は行うべきです。

 

導入後もウイルス定義ファイルの更新を継続して行う。

正解です。

 

プロバイダ側でウイルスチェックが行われている場合は,PCへのウイルス対策ソフトの導入は不要である。

プロバイダからPCまでの通信経路が安全とは言えません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。