トップ過去問一覧ITパスポート 平成25年・春 > 問7
問7

ある部品の生産ラインは二つの工程A,Bに順で構成されており,各工程の機械台数,部品1個の生産に要する作業時間,不良率は表のとおりである。1日の稼働時間を10時間とするとき,この生産ラインの1日の生産能力(良品が生産される数)は何個か。ここで,工程Aでの不良品は工程Bには送らないものとする。また,機械の故障時間や段取り時間,工程間の仕掛品在庫は考えないものとし,仕掛中のものは終了時間が来ても最後まで仕上げるものとする。

 

○正解
×不正解

171

180

200

257

解説

171

 

工程A→Bの順で生産されるため,まずは工程Aの生産能力を計算します。

 

工程Aは3分で1個生産できるので,稼働時間10時間として,以下のように計算します。

(10×60)÷3=200

この200個に,工程Aの不良率5%を考慮すると,良品の数は190個となります。

 

次に工程Bの生産能力を計算します。

工程Bは2分で1個生産できるので,稼働時間10時間として,以下のように計算します。

(10×60)÷2=300

 

これらより,工程Bは工程Aより生産能力が高く,

工程Aで生産した190個をすべて引き継いで,1日で処理できることがわかりました。

 

工程Bでは190個を生産し,そのうち10%が不良となるため,

工程A→Bの良品の数は171個となります。

 

よって,生産ライン全体の生産能力は,171個となります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。