トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問12
問12

DMAの説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

CPUが磁気ディスクと主記憶とのデータの受渡しを行う転送方式である。

主記憶の入出力専用アドレス空間に入出力装置のレジスタを割り当てる方式である。

専用の制御回路が入出力装置,主記憶などの間のデータ転送を行う方式である。

複数の命令の実行ステージを部分的にオーバラップさせて同時に処理し,全体としての処理時間を短くする方式である。

解説

CPUが磁気ディスクと主記憶とのデータの受渡しを行う転送方式である。

マルチワードの説明です。

 

主記憶の入出力専用アドレス空間に入出力装置のレジスタを割り当てる方式である。

メモリマップドI/Oの説明です。

 

専用の制御回路が入出力装置,主記憶などの間のデータ転送を行う方式である。

正解です。

DMA(Direct Memory Access)とは,CPUを介さずにRAMから入出力装置に直接データを転送する方式です。

 

複数の命令の実行ステージを部分的にオーバラップさせて同時に処理し,全体としての処理時間を短くする方式である。

パイプライン処理の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。