トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問18
問18

記憶領域の動的な割当て及び解放を繰り返すことによって,どこからも利用できない記憶領域が発生することがある。このような記憶領域を再び利用可能にする機能はどれか。

○正解
×不正解

ガーベジコレクション

スタック

ヒープ

フラグメンテーション

解説

ガーベジコレクション

正解です。プログラムが使用できなくなったメモリ領域や,プログラムの間の隙間メモリ領域などを集めて,利用可能なメモリ領域を確保する技術です。

 

スタック

最後に格納したデータから順に取り出せる後入れ先出しのデータ構造です 。

 

ヒープ

動的割当てのための領域のことです。

 

フラグメンテーション

一つのファイルが分散されて保存されている状態です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。