トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問19
問19

プロセスのスケジューリングに関する記述のうち,ラウンドロビン方式の説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

各プロセスに優先度が付けられていて,後に到着してもプロセスの優先度が処理中のプロセスよりも高ければ,処理中のものを中断し,到着プロセスを処理する。

各プロセスに優先度が付けられていて,イベントの発生を契機に,その時点で最高優先度のプロセスを実行する。

各プロセスの処理時間に比例して,プロセスのタイムクウォンタムを変更する。

各プロセスを待ち行列の順にタイムクウォンタムずつ処理し,終了しないときは待ち行列の最後につなぐ。

解説

各プロセスに優先度が付けられていて,後に到着してもプロセスの優先度が処理中のプロセスよりも高ければ,処理中のものを中断し,到着プロセスを処理する。

プリエンプション方式の説明です。

 

各プロセスに優先度が付けられていて,イベントの発生を契機に,その時点で最高優先度のプロセスを実行する。

イベントドリブンプリエンプション方式の説明です。

 

各プロセスの処理時間に比例して,プロセスのタイムクウォンタムを変更する。

処理時間順方式の説明です。

 

各プロセスを待ち行列の順にタイムクウォンタムずつ処理し,終了しないときは待ち行列の最後につなぐ。

正解です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。