トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問2
問2

桁落ちによる誤差の説明として,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

値がほぼ等しい二つの数値の差を求めたとき,有効桁数が減ることによって発生する誤差

指定された有効桁数で演算結果を表すために,切捨て,切上げ,四捨五入などで下位の桁を削除することによって発生する誤差

絶対値の非常に大きな数値と小さな数値の加算や減算を行ったとき,小さい数値が計算結果に反映されないことによって発生する誤差

無限級数で表される数値の計算処理を有限項で打ち切ったことによって発生する誤差

解説

値がほぼ等しい二つの数値の差を求めたとき,有効桁数が減ることによって発生する誤差

正解です。

 

指定された有効桁数で演算結果を表すために,切捨て,切上げ,四捨五入などで下位の桁を削除することによって発生する誤差

丸め誤差の説明です。

 

絶対値の非常に大きな数値と小さな数値の加算や減算を行ったとき,小さい数値が計算結果に反映されないことによって発生する誤差

情報落ちの説明です。

 

無限級数で表される数値の計算処理を有限項で打ち切ったことによって発生する誤差

打ち切り誤差の説明です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。