トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問21
問21

表はOSSのライセンスごとに,そのOSSを利用したプログラムを配布するとき,ソースコードを公開しなければならないかどうかを示す。a~dに入れるライセンスの適切な組合せはどれか。ここで,表中の"○"は公開しなければならないことを表し,"×"は公開しなくてもよいことを表す。

○正解
×不正解

a: GPL,  b: LGPL,  c: MPL,  d: BSD

a: GPL,  b: MPL,  c: BSD,  d: LGPL

a: LGPL,  b: GPL,  c: MPL,  d: BSD

a: LGPL,  b: MPL,  c: BSD,  d: GPL

解説

a: GPL,  b: LGPL,  c: MPL,  d: BSD

 

GPL(GNU General Public License)とは,GPLを使用したソフトウェアはすべてGPLで配布しなければならず,公開しなければいけないというものです。

 

LGPL(GNU Lesser General Public License)とは,GPLの制約を緩めたものになります。動的リンクとして使用したプログラムには,LGPLを対応させる必要がありません。

 

MPL(Mozilla Public License)とは,MPLライセンスによるOSSを改変した場合は,ライセンスを付けなければいけないが,リンクしたものに関してはつけなくても良いです。

 

BSD(Berkeley Software Distribution License)とは,GPLなどに比べ非常に緩いライセンスです。著作権表示,無保証のみが条件のライセンスになります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。