トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問22
問22

SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか。

○正解
×不正解

主にキャッシュメモリとして使用される。

データを保持するためのリフレッシュ又はアクセス動作が不要である。

メモリセル構成が単純なので,ビット当たりの単価が安くなる。

メモリセルにフリップフロップを用いてデータを保存する。

解説

SRAM(Static Random Access Memory)とは,一時的にデータを保持するための揮発性メモリのことです。特徴として,リフレッシュ動作が不要です。

DRAM(Dynamic Random Access Memory)とは,データの保持をするためには電荷を蓄える必要がある揮発性のメモリです。そのため,リフレッシュ動作(再書込み)を行います。

 

主にキャッシュメモリとして使用される。

主記憶装置の構成に利用されます。キャッシュメモリに使われるのはSRAMです。

 

データを保持するためのリフレッシュ又はアクセス動作が不要である。

リフレッシュは随時行わなくてはいけません。

 

メモリセル構成が単純なので,ビット当たりの単価が安くなる。

正解です。安価に大容量の製品を作ることができます。

 

メモリセルにフリップフロップを用いてデータを保存する。

フリップフロップを使用するのはSRAMです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。