トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問3
問3

負の整数を表現する代表的な方法として,次の3種類がある。
a 1の補数による表現
b 2の補数による表現
c 絶対値に符号を付けた表現(左端ビットが0の場合は正,1の場合は負)
4ビットのパターン1101をa~cの方法で表現したものと解釈したとき,値が小さい順になるように三つの方法を並べたものはどれか。

○正解
×不正解

a, c, b

b, a, c

b, c, a

c, b, a

解説

c, b, a

補数とは,2進数で負の数(マイナス)を表現する方法のことで,1の補数と2の補数があります。

 

1の補数による表現

1の補数は,2進数の各位を反転させて負の数を表現します。

10進数に変換すると,

11012→-210

になります。

 

2の補数による表現

1の補数に1を足して負の数を表現します。

10進数に変換すると,

11012→-310

になります。

 

絶対値に符号を付けた表現

10進数に変換すると,

11012→-510

になります。

 

よって,小さい順の並べると“c, b, a”になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。