トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問30
問30

関係Rと関係Sに対して,関係Xを求める関係演算はどれか。

○正解
×不正解

IDで結合

直積

解説

IDで結合

R表のIDとS表のIDが同じ行になるように結合を行います。

ID A B ID A B
0001 a 100 0001 a 100
0002 b 200 0002 a 200

 

R表からS表を引いた差を表したものです。

ID A B
0002 b 200
0003 d 300

 

直積

R表とS表の全ての行の組合せを表したものです。

ID A B ID A B
0001 a 100 0001 a 100
0001 a 100 0002 a 200
0002 b 200 0001 a 100
0002 b 200 0002 a 200
0003 d 300 0001 a 100
0003 d 300 0002 a 200

 

正解です。R表とS表の全ての行を,重複を覗いて表したものです。

ID A B
0001 a 100
0002 a 200
0002 b 200
0003 d 300

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。