トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問37
問37

PCからサーバに対し,IPv6を利用した通信を行う場合,ネットワーク層で暗号化を行うのに利用するものはどれか。

○正解
×不正解

IPsec

PPP

SSH

SSL

解説

IPsec

正解です。IPsec(Security Architecture for Internet Protocol)は,IPパケットを暗号化するプロトコルです。

 

PPP

PPP(Point-to-Point Protocol)は,2点間を接続するプロトコルでパソコンをインターネットに接続する時などに利用します。IPアドレスの割り当て機能などがあります。

 

SSH

SSH(Secure SHell)は,暗号化技術を利用して,安全に遠隔のコンピュータをコマンドライン操作できるようにするプロトコルです。

 

SSL

SSL(Secure Socket Layer)は,HTTP,POP,IMAP等のアプリケーション層のプロトコルのデータを暗号化したり,通信相手を認証したりするのに使用される。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。