トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問39
問39

ディジタル署名において,発信者がメッセージのハッシュ値からディジタル署名を生成するのに使う鍵はどれか。

○正解
×不正解

受信者の公開鍵

受信者の秘密鍵

発信者の公開鍵

発信者の秘密鍵

解説

発信者の秘密鍵

正解です。

ディジタル署名は,文書の送信者を証明し,そのメールが改ざんされていないことを保証するための技術です。

 

発信者は,送信しようとしている文の署名として,その文を自分の秘密鍵を使って暗号化した文を添付したうえで送信し,受信者はその暗号文を発信者の公開鍵で復号します。正しく復元できることでその文書の発信者が公開鍵の持ち主と同一であることが判定でき,また,もし転送途中で文書の改ざんがあった場合には復号文が添付元の文と一致しなくなるので,改ざんの有無を確かめることができます。

 

公開鍵暗号方式においては,秘密鍵で暗号化した文は公開鍵で復号できること,公開鍵で暗号化した文は秘密鍵で復号できることに注意してください。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。