トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問46
問46

設計上の誤りを早期に発見することを目的として,作成者と複数の関係者が設計書をレビューする方法はどれか。

○正解
×不正解

ウォークスルー

机上デバック

トップダウンテスト

並行シミュレーション

解説

ウォークスルー

正解です。

 

机上デバック

デバッグ作業を,ソースコードを印刷した紙面をもとに人力で行う方法になります。

 

トップダウンテスト

複数のモジュールを結合させたプログラムを,上位モジュールから順に結合しながら検証していくテスト方法になります。

 

並行シミュレーション

並行シミュレーションは,別途用意したテスト用のプログラムと検証対象のプログラムに同じデータを入力して出力値を比較する方法です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。