トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問48
問48

表は,現行プロジェクトにおけるソフトウェア誤りの発生・除去の実績,及び次期プロジェクトにおける誤り除去の目標を記述したものである。誤りは,設計とコーディングの作業で埋め込まれ,デザインレビュー,コードレビュー及びテストで全て除去されるものとする。次期プロジェクトにおいても,ソフトウェアの規模と誤りの発生状況は変わらないと仮定したときに,テストで除去すべきソフトウェア誤りの比率は全体の何%となるか。

 

[ソフトウェア誤りが埋め込まれる工程ごとの割合]

 

[ソフトウェア誤りがレビューごとに除去される割合]

○正解
×不正解

17.5

25

30

32.5

解説

32.5

デザインレビュー・コードレビューでの除去実績は,

各工程で埋め込まれたソフトウェア誤り比率×除去された比率で求めることができるため,それぞれ,

(設計時の誤り件数の全体比率)×(レビュー時の除去割合)=0.5×0.5=0.25=25%

(コーディング時の誤り件数の全体比率)×(レビュー時の除去割合)=0.5×0.4=0.2=20%

となります。

 

現行プロジェクトでは,テストで除去すべきソフトウェア誤りの比率は,

(誤り件数全体)-(デザインレビュー時の除去割合)-(コードレビュー時の除去割合)

=1-0.25-0.2=0.55=55%

より,0.55(55%)であることがわかります。

 

次期プロジェクトでは,レビュー時の除去割合が実績の1.5倍になるため,

(誤り件数全体)-(デザインレビュー時の除去割合×1.5)-(コードレビュー時の除去割合×1.5)

=1-(0.25×1.5)-(0.2×1.5)=0.325=32.5%

となり,テスト時に除去すべきソフトウェア誤りの比率は全体の32.5%であることがわかります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。