トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問52
問52

過去のプロジェクトの開発実績から構築した作業配分モデルがある。要件定義からシステム内部設計までをモデルどおりに228日で完了してプログラム開発を開始した。現在,200本のプログラムのうち100本のプログラム開発を完了し,残りの100本は未着手の状況である。プログラム開発以降もモデルどおりに進捗すると仮定するとき,プロジェクト全体の完了まで,あと何日掛かるか。

○正解
×不正解

140

150

161

172

解説

150

期間比の要件定義,システム外部設計,内部設計の比率の合計は,

0.25+0.21+0.11=0.57

になります。これに要した日数が228日なので,プロジェクト全体の所要日数は

288(日)÷0.57=400(日)

になります。

プログラム開発のうち、半分は完了しているので、既に完了している作業の期間比は、

0.25+0.21+0.11+0.11÷2=0.625

なので、プロジェクト全体の完了日数までの日数は、

400(日)×(1-0.625)=150(日)

になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。