トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問56
問56

データベースのバックアップ処理には,フルバックアップ方式と差分バックアップ方式がある。差分バックアップ方式による運用に関する記述のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

障害から回復時に,差分だけ処理すれば良いので,フルバックアップ方式比べて復旧時間が短い。

フルバックアップのデータで復元した後に,差分を加えて復旧する。

フルバックアップ方式と交互に運用することはできない。

フルバックアップ方式に比べ,バックアップに要する時間が長い。

解説

フルバックアップのデータで復元した後に,差分を加えて復旧する。

差分バックアップ方式は,フルバックアップ取得後に変更された全てのデータをバックアップする方法です。復旧は,フルバックアップのデータと差分バックアップのデータを適用するため,フルバックアップ方式より時間を要します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。