トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問59
問59

販売管理システムにおいて,起票された受注伝票が漏れなく,重複されることなく入力されていることを確かめる監査手続のうち,適切なものはどれか。

○正解
×不正解

受注データから値引取引データなどの例外取引データを抽出し,承認記録を確かめる。

受注伝票の入力時に論理チェック及びフォーマットのチェックが行われているか,テストデータ法で確かめる。

プルーフリストと受注伝票との照合が行われているか,プルーフリスト又は受注伝票上の照合印を確かめる。

並行シミュレーション法を用いて受注伝票を処理するプログラムの論理の正当性を確かめる。

解説

受注データから値引取引データなどの例外取引データを抽出し,承認記録を確かめる。

通常の受注データにミスがある可能性もあるためこの選択肢は不適切です。

 

プルーフリストと受注伝票との照合が行われているか,プルーフリスト又は受注伝票上の照合印を確かめる。

正解です。プルーフリストとは,入力したデータをそのまま一覧表にしたもので,入力作業が終わった段階でデータの照合や重複のチェックをするために使用します。照合印が押されていたら受注伝票と入力データの照合が行われた証拠になるのでこれを確かめることは監査手続として適切と言えます。

 

受注伝票の入力時に論理チェック及びフォーマットのチェックが行われているか,テストデータ法で確かめる。

並行シミュレーション法を用いて受注伝票を処理するプログラムの論理の正当性を確かめる。

この問題で扱われているのはプログラム上のバグなどではなく入力作業における人間のミスを対象とした監査なので,これらの選択肢は適切ではありません。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。