トップ過去問一覧応用情報技術者 平成25年・秋 > 問78
問78

前期繰越及び期中の仕入と売上は表のとおりであった。期末日である3月31日に先入先出法によって棚卸資産を評価した場合,在庫の評価額は何円か。

○正解
×不正解

840

980

1,038

1,080

解説

980

在庫の評価額は,残っている在庫の仕入れ単価の合計で求めることが出来ます。

 

仕入れ数量の合計は,

10(個)+15(個)+5(個)=30(個)

になります。

売上数量の合計は,

4(個)+8(個)+6(個)=18(個)

になります。

残りの在庫は,

30(個)-18(個)=12(個)

になります。

 

先入先出法なので残っている在庫は,

10月15日仕入れ分:5個

5月1日仕入れ分:7個

になります。

 

残っている在庫の仕入れ単価を合計すると,

7(個)×90(円)+5(個)×70(円)=980(円)

よって,在庫の評価額は980(円)になります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。