トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問14
問14

現状の HPC(High Performance Computing) マシンの構成を、次の条件で更新することにした。
更新後の、ノード数と総理論ピーク演算性能はどれか。
ここで、総理論ピーク演算は、コア数に比例するものとする。

[現状の構成]
(1) 一つのコアの理論ピーク演算性能は 10GFLOPS である。
(2) 一つノードのコア数は 8 個である。
(3) ノード数は 1,000 である。

[更新条件]
(1) 一つのコアの理論ピーク演算性能を現状の 2 倍にする。
(2) 一つノードのコア数を現状の 2 倍にする。
(3) 総コア数を現状の 4 倍にする。

 

.          ノード数     総理論ピーク演算性能

○正解
×不正解

2,000

320 TFLOPS

2,000

640 TFLOPS

4,000

320 TFLOPS

4,000

640 TFLOPS

解説

現状のコア数が8000個、更新後の総コア数を4倍にするのでノード数n は 16 x n = 32,000 となり 2,000 ノード必要になります。演算性能は1コア当あたりの性能が2倍になるので 32,000 x 10 GFLOPS x 2 = 640 TFLOPS になります。ノード数とコア数を混乱させないようにしましょう。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。