トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問31
問31

分散トランザクション処理で利用される 2 相コミットプロトコルでは、コミット処理を開始する調停者 (coordinator) と、調停者からの指示を受信してから必要なアクションを開始する参加者 (participant) がいる。この 2 相コミットプロトコルに関する記述のうち、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

参加者は、フェーズ 1 で調停者にコミット了承の応答を返してしまえば、フェーズ 2 のコミット要求を受信しなくても、ローカルにコミット処理が進められる。

調停者に障害が発生するタイミングによっては、その回復処理が終わらない限り、参加者全員がコミットもロールバックも行えない事態が起こる。

一つの分散トランザクションに複数の調停者及び参加者が存在し得る。例えば、5 個のシステム(プログラム)が関与している場合、調停者数が2、参加者の数が3となり得る。

フェーズ1で返答のない参加者が存在しても、調停者は強制的にそのトランザクションをコミットすることができる。

解説

2相コミットプロトコルにおいてフェーズ2のコミットあるいはロールバック支持の直前に調停者に障害が発生したり通信障害が発生したりすると調停者の指示が届かない参加者はコミットもロールバックも行えなくなります。これをブロック状態といいます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。