トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問32
問32

データベースの障害回復処理に関する記述のうち、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

異なるトランザクション処理プログラムが、同一のデータベースを同時更新することによって生じる論理的な矛盾を防ぐために、データのブロック化が必要になる。

システムが媒体障害以外の原因によって停止した場合、チェックポイントの取得以前に終了したトランザクションについての回復作業は不要である。

データベースの媒体障害に対して、バックアップファイルをリストアした後、ログファイルの更新前情報を使用してデータの回復処理を行う。

トランザクション処理プログラムがデータベースの更新中に異常終了した場合には、ログファイルの更新後情報を使用してデータの回復処理を行う。

解説

システムが媒体障害以外の原因で停止した場合はチェックポイント以前にコミットされたトランザクションの回復処理は不要です。これはデータベースの更新はバッファにある程度貯められて決められた間隔でデータベースに書き出される(このタイミングがチェックポイント)ためです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。