トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問4
問4

誤り検出方式である CRC に関する記述として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

検査用データは、検査対象のデータを生成多項式で処理して得られる 1 ビットの値をである。

受信側では、付加されてきた検査用データで検査対象のデータを割り、余りがなければ送信が正しかったと判断する。

送信側では、生成多項式を用いて検査対象のデータから検査用データを作り、これを検査対象のデータに付けて送信する。

送信側と受信側では、異なる生成多項式が用いられる。

解説

CRC方式ではデータを多項式とみなしてあらかじめ決められた生成多項式で割り算した余りを検査用データとして対象に添付して送信します。受信側では送信側と同じ生成多項式で割り切れるかどうかで判断します。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。