トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問52
問52

ファンクションポイント法の説明として、適切なものはどれか。

○正解
×不正解

開発規模、難易度及び開発の特性による要因を考慮し、工数やコストを見積もる手法である。

開発するすべてのプログラム・モジュールの行数を算定し、それを基にシステムの開発規模や所要資源を見積もる手法である。

システム開発の工数を細かい作業に分割し、分割された個々の作業を詳細に見積もり、これを積み上げて、全体の開発規模や所要工数を見積もる手法である。

システムの外部仕様の情報からそのシステムの機能の量を算定し、それを基にシステムの開発規模を見積もる手法である。

解説

ファンクションポイント法はシステムがユーザに提供する機能を規定の方法により定量化してそれをもとにソフトウェアの開発規模や工数を見積る手法です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。