トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問56
問56

システムの移行方式のうち、パイロット移行方式について説明したものはどれか。

○正解
×不正解

機能的に閉じたサブシステム単位に、短期間で順次移行していくので、運用部門の負荷が少なく、問題が発生しても当該サブシステム内に抑えることができる。

限定した部門で新システムを導入・観察した後にほかの全部門を移行するので、移行に関する問題が発生しても影響範囲を局所化できる。

新・旧両システム分のリソースを用意し、並行稼動させるので、新システムで問題が発生しても業務への影響を最小にできる。

ほかの移行方式に比べると移行期間は短くできるが、事前に全部門との間で詳細な計画を立てるとともに、新システムに高い信頼性が要求される。

解説

パイロット移行方式とは限定した部門で新システムを導入した後で全体へと移行する方式です。移行時の問題発生時に影響範囲を限定できるのが特徴です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。