トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・秋 > 問7
問7

Linux システムにおいて、静的ライブラリと比較した場合の共有ライブラリの特徴はどれか。

○正解
×不正解

実行可能ファイルのサイズが大きくなる。

実行時のメモリ使用効率が良い。

ライブラリの修正後、それを利用するプログラムの再コンパイルが必要である。

リンク時のオーバヘッドが小さい。

解説

共有ライブラリは複数のアドレス空間へマッピングされ同時アクセスが可能なライブラリです。よって共有ライブラリを利用することで実行時のメモリ使用効率はよくなります。静的ライブラリは静的リンクによってプログラムに組み込まれファイルサイズが大きくなります。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。