トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問1
問1

通信回線を使用したデータ伝送システムにM/M/1の待ち行列モデルを適用すると、平均回線待ち時間、平均伝送時間、回線利用率の関係は次の式で表すことができる。

平均回線待ち時間=平均伝送時間×{回線利用率/ (1-回線利用率) }

回線利用率が0%から徐々に上がっていく場合、平均回線待ち時間が平均伝送時間よりも最初に長くなるのは、回線利用率が何%を超えたときか。

○正解
×不正解

40

50

60

70

解説

式が提示されているので実際に値を入れてみるとわかりやすいと思います。

例えば50% なら

平均回線待ち時間 = 平均伝送時間 x 0.50 / 1 - 0.50

平均回線待ち時間 = 平均伝送時間 

となりちょうど同じになります。0% から徐々に上がっていく場合なのでここが最初に長くなるポイントになります。実際に60%を代入しても良いです。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。