トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問12
問12

メモリの誤り制御方式で、2 ビットの誤り検出機能と、1 ビットの誤り訂正機能をもたせるのに用いられるものはどれか。

○正解
×不正解

奇数パリティ

水平パリティ

チェックサム

ハミング符号

解説

ハミング符号はメモリのECC機能などに利用されます。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。