トップ過去問一覧応用情報技術者 平成21年・春 > 問13
問13

CPU と主記憶との間に置かれるキャッシュメモリにおいて、主記憶のあるブロックを、キャッシュメモリの複数の特定ブロックに対応付ける方式はどれか。

○正解
×不正解

セットアソシアティブ方式

ダイレクトマッピング方式

フルアソシアティブ方式

ライトスルー方式

解説

メモリの方式は頻出ですが問われ方は様々です。方式、対応、アクセス時間などは押さえておきましょう。

 

ライトスルー方式:書き込み発生時キャッシュメモリと同時に主記憶に書き込みを行います。

ライトバック方式:キャッシュメモリに書き込んでおき、主記憶へは追い出された時に行います。

 

ダイレクトマッピング:主記憶のアドレスからキャッシュメモリのアドレスが一意に定まる方式

フルアソシアティブ:主記憶のブロックがどのキャッシュブロックにも対応付けられる方式

セットアソシアティブ:連続したキャッシュブロックをセットとして主記憶のブロックを格納、対応させる方式

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。